トップページ ニュース サポート&ダウンロード 会社概要 お問い合わせ
製品情報
Products
SecureCall ActiveDirectry連携版
 

導入事例

 ■Webアプリへのセキュアなログイン認証

A社は人材採用業務システムへのログイン認証をワンタイムパスワードで強化

昨今の買い手市場のマーケットでも内定辞退率は変わりません。限られたスタッフで多数の応募者の中から優れた人材を採用しなければならない企業の人事採用部門は多忙を極めています。人材採用においては応募者の選考実務管理が採用の成否を分けるカギとなっています。採用活動を質・量共に成功に導くためには、応募者に深く企業をご理解いただき入社の意思決定を促すために個別に様々な情報発信しなければなりません。採用活動のステージごとに発信すべき情報は異なり、採用活動を成功させるためには数多くの応募者一人一人と最良のコミュニケーションとらなければならないのです。

企業の人事部向けに人材採用業務システムを開発しSaaSで提供しているA社は、SecureOTP ワンタイムパスワード採用し、顧客の実務担当者に柔軟かつ安心な人事採用業務システムへのWebアクセスを実現しています。

A社がWebアプリケーションとして各社に提供している人事採用業務システムにログインする際に、人事採用担当者はSecureOTP ワンタイムパスワードによる本人認証が必要です。採用業務の機密性および応募者の個人情報を保護するために、たとえ顧客の社員であってもワンタイムパスワードによる本人認証をパスしないことには人事採用システムにアクセスすることは出来ません。



SecureOTPのワンタイムパスワードは採用担当者だけに配布されるトークン上で生成される30秒毎に変化し1回しか使用できない使い捨てのパスワードです。担当者がA社のWebアプリケーションにログインする際に正しいワンタイムパスワードを入力すれば、A社のWebアプリと連携しているサードネットワークス社のASP認証サーバが瞬時に本人認証を行いセキュアなログインが完了します。

A社事業開発部のS部長は次のように語っています。「人事採用担当者は多忙な業務の中で常に応募者の個人情報やステータス情報の機密管理に細心の注意を払っています。SecureOTPによる本人認証により、顧客の人事部門では厳重なアクセス管理のもとで安心且つ柔軟に弊社の採用業務システムをご利用いただいています。サードネットワークス社の本人認証システムは長年の稼動実績があるASPサービスと聞いていました。弊社システムとの連携確認も同社のサポートを受けて短期間に完了し安心して採用することが出来ました。SecureOTPの従量制料金も合理的です。お客様には弊社人材採用業務システムの充実した機能に加え、そのセキュリティの安心感に高いご満足をいただいています」


Top  概要・特長  利用方法  接続イメージ 接続確認済装置
採用事例1 採用事例2 資料請求 / お問い合わせ
概要/特長
利用方法
接続イメージ
接続確認済装置
導入事例1
導入事例2
資料請求 お問い合わせ

 

© THIRDNETWORKS.CO,LTD All rights reserved.
個人情報保護方針個人情報の取扱について